Welcome

お知らせ

2019-07-10 19:25:00

この度、従業員のご家族にご不幸がありました為、

7月11日(木)の午後診察(16:00~19:00)を休診とさせていただきます。

ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


2019-07-10 14:26:00

今年も祇園祭の季節がやって来ましたね(^^)

みなさんは祇園祭に行かれますでしょうか?

宵山や鉾巡行がメインなので祇園祭っていつから始まっているの?と思う方もいるかもしれません。

実は祇園祭は7月1日から1ヶ月間かけて行われます。

出店がたくさんでて一番賑わうのは、7月14日から16日の宵山です!

毎年祇園祭で梅雨が明けるとされていますが、今年はどうなるのか・・・お天気が心配なところですね。

今年の7月は例年より気温が低いそうですが、祇園祭は人の熱気も凄いので熱中症などの体調不良には充分気を付けてくださいね!

楽しいお祭りにワンちゃんも連れて行かれる方は人込みではぐれたり、暑さや誤飲で体調が悪くなったりしないよう見ていてあげてください。

今年も楽しい祇園祭が過ごせるといいですね☆


2019-07-06 18:49:00

最近ワクチンに来ていただいたワンちゃんの飼い主様の話です。

 

いつもは6種のワクチンをしているので同じものをしてほしいということでした。問診をとると、室内だけでなく散歩は鴨川や京都御所に行き水に入って遊んでいると話をしていました。

 

飼い主様に考えてもらいたいのはなぜワクチンをするのかということをです。

 

ワクチンは病気から体を守るためにするものであり、生活環境や生活の仕方でどのような病気を予防するかが決まってきます。普段は家の中だけで外には出ない場合は、外に散歩に行く場合などです。

 

家の中だけであればウイルス性の病気が入っている5種ワクチンまたは6種ワクチンで大丈夫です。外に散歩する場合、京都ではレプトスピラという感染症があるので9種以上のワクチンをすることをおすすめします。

 

レプトスピラという感染症は、腎臓と肝臓が悪くなり死んでしまう,人にもうつるこわい病気です。

 

しっかり理解して病気を予防することが大事です。

 

予防に関してよくわかっていないのであればしっかり説明するので、気軽に病院に来てくださいね。

 


2019-06-28 18:20:00

7月の休診日をお知らせいたします。

 

7月13日(土) 獣医学セミナー参加の為、午前診察のみ(診察時間9:00~12:00)

 

ご迷惑をおかけ致しますが、よろしくお願い致します。


2019-06-27 10:40:00

蒸し蒸しと気温の高い日が続き、だんだん夏の気配がしてきましたね。

ペットのサマーカットを考えている飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

 

「毛が長くて暑そう」「熱がこもって熱中症にならないかな」と、かわいいペットを心配してカットをされると思います。見た目にも可愛いサマーカットですが、実はそれが原因で体調不良を引き起こすことがあるのです。

 

犬猫の被毛は、保温に役立つのはもちろんのこと、断熱材のような役割もあります。

犬猫の皮膚は人間に比べ薄く弱いため、全身を覆う被毛が、皮膚を直射日光や紫外線などの外的刺激から守ってくれています。

しかし、皮膚が見えるほど被毛を短くしてしまうと、皮膚が直接紫外線によるダメージを受けてしまうことになるのです。さらに、直射日光を浴びることで皮膚は高温になってしまいます。サマーカットをすることで熱中症の危険が高くなるのです。

 

その反対に、保温効果のある被毛がなくなることで、冷房の効いた室内では冷え過ぎてしまい、お腹を壊す場合もあります。

 

また、今まで体を守っていた被毛が短くなった事で皮膚が傷つきやすくなったり、害虫がついたりしやすくなります。

その他にも、短くしたことにより毛質が変わったり、伸びてこなくなることもあります。

 

 

しかし、サマーカットは悪い面だけではありません。

 

 

本の夏は高温多湿のため、細菌や雑菌が繁殖しやすくなります。そのため、適度なサマーカットは皮膚の衛生環境を保つために有効なのです。

 

もしもサマーカットにする場合は、バリカンを使わずハサミで、最低でも2~3cmは残してカットすることをおすすめします。被毛の保温・断熱効果、皮膚の保護機能を保つためです。

そして冷房や冷感グッズも併せて活用し、熱中症を予防してあげてくださいね! 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...