Welcome

お知らせ

2018-12-21 21:09:00

糖尿病は人間だけではありません。人間では糖尿病は生活習慣病の1つですが、わんちゃん、ねこちゃんにも近年の肥満の増加とともに、糖尿病が増えている傾向にあるように診察していて思う事があります。

 

  

では、どうしたら糖尿病かもと家庭で感じる事ができるのでしょうか?

日ごろからわんちゃん、ねこちゃんの行動をチェックしてみてください。

以下のような症状が出ていたら糖尿病の疑いがあると思って下さい。そして、早めに動物病院にご相談ください。

 

糖尿病チェックリスト

1)水をたくさん飲む 

2)尿をする回数が多い 

3)食欲はあるのに最近、痩せてきた 

 

記の3つで2つ心あたりのある方は、糖尿病の可能性が大きいので、病院の診察を受けて欲しいです。

また、1つの場合には少しの間様子を見ても良いと思います。ただ、食事の内容や回数、食事量、運動量などに気を使い新鮮で、清潔な水を与えるようにしてください。わんちゃん、ねこちゃんの行動を注意深く観察し様子を1週間くらい見てみてください。

 

もし改善されなければや病院の診察を受けて下さい。糖尿病は人間同様、早期発見によりそれ以上に悪化しないように治療もできます。手遅れになると、白内障で目がみえなくなったりと様々な病気がでてきてしまうので、おかしいなと少しでもかんじられたら早めの来院をお勧めします。