Welcome

お知らせ

2019-01-31 13:33:00

「尿閉」と言う病気を皆さんご存知ですか?

猫ちゃんによく起こる病気の1つです。
尿道が塞がれて、おしっこが全く出なくなってしまったり、尿が少量しか出なくなってしまう病気です。
オス、メスどちらに多く発病するかと言うとこの病気の場合には「オス」が多いと言われています。

発病の原因としては…
尿道に腫瘍ができ尿道を塞いでしまうなどいくつか考えられますが、一番多いのが「結石」が原因と言われています。
また冬場は水を飲む量が減るために結石がつまりやすいというのも原因になります。

尿道が塞がれてしまうと、1日で膀胱は一杯になってしまいます。
通常、2日で体外に排出されるべき、老廃物が体内に残ってしまう為に、尿毒症を発症してしまいます。


1.トイレに行く間隔が短い
2.何度もトイレに行くが、おしっこが全く出ないか少ししか出ない
3.排尿すると、痛くて鳴いている
4.血尿がでる
5.元気がなく、嘔吐する

以上のような状態であれば、必ず動物病院に相談してください。


また丸1日以上このおしっこが出ない、少ししか出ないという状態が続く事も要注意です。
動物たちは話が出来ません。

病院では尿検査とともに、エコー検査やレントゲン検査で結石かどうかすぐにわかります。
飼い主さんにSOSを出しているハズなのでそのSOSに気づいてあげましょう!