Welcome

お知らせ

2019-11-16 11:03:00

冬になると、わんちゃんとねこちゃんの体調にもいろいろと変化が出てきます。

 

室内で生活してるペットたちにとって、寒さだけでなく家の中の暖房による乾燥や寒暖の差が
体にとって大きな負担となることもあります。

 

冬によく見られる病気として、「皮膚炎」「関節炎」が見られます。

まず、冬に起こる「皮膚炎」


ペットたちも、人間同様、暖房などによって「乾燥」します。


ファンヒーターなどの影響で、乾燥した温風が直接皮膚に
当たることが原因で「乾燥肌」になる事もあります。
乾燥しないように「保湿」をしてあげましょう(^^)
動物用の保湿ローションも売られていますので、そういったものを利用する事もいいと思います。

 

次は、「関節炎」です。

 

動物も人間と同じで、寒さにより、血管が収縮し血液の流れが悪くなることもあります。
血液によって運ばれる酸素や栄養が筋肉にも行き渡りにくくなり筋肉が「固く」なります。

人間でいう、腰やひざなどが痛くなりやすくなったりする状態です。とてもつらいですよね・・・

ですので、無理のない範囲で、
患部を温めたり、関節を軽くマッサージしてあげると、血行が良くなる場合もあるのでトライしてみてください(^^♪