Welcome

お知らせ

2020-01-10 16:08:00

年末年始につい、愛犬、愛猫にたべさせて過ぎてしまい、それが年明けも続いてしまい、それが原因で病気になってしまうケースも少なくありません。

症状としては…
お水をたくさん飲んでたくさんおしっこをすると言う「多飲多尿」。


この裏に潜んでいる怖い病気の中に「糖尿病」があります。
糖尿病の初期に起こる変化としては、多飲多尿や多食が目立ちはじめます。日頃、おきる行為でもある為にこの初期段階では見落としてしまうケースが多いです。

糖尿病という病気の認識が飼い主さんによって理解されていない方も実は多く「尿の中に糖が出るんでしょう」と言われている飼い主さんも、時々見ますが実は違うんです!

 

本来はエネルギーとして有効に使うはずの糖が使えなくなってしまいます。
つまり、エネルギーにできなかった過剰な糖が尿中にでてくる病気ですので、食事をしているのにも関わらず、食べた栄養がきちんと使えないと言う事なのです。

つまり体内は栄養不足の状態になります。これにより、目や足等にも影響が出てしまい「合併症」に苦しむ事にもなります。


肝臓、腎臓にも合併症は見られる事も多く、合併症で「死」に至る事も考えられるという怖い病気です。

・最近、よく食べる。
・おしっこも頻繁にあり、お水も沢山のんでおかしい?
と感じましたら、病院の診察を一度お受け頂く事をおすすめします。