Welcome

お知らせ

2020-02-16 10:57:00

今日は今話題になっているコロナウイルスについてお話しします。

人間での症状はニュースなどでもよくご存知の方も多いと思いますので割愛いたします。

犬コロナウイルス感染症は、犬パルボウイルス感染症ほど重篤となることは少ないのですが、子犬が感染した場合は下痢、嘔吐、元気消失、食欲減退などの症状が現れ、激しい胃腸炎を起こします。便はオレンジ色をおびた粥状で悪臭を放ち、血便となることもあり、ひどい場合には死に至ることもあります。犬コロナウイルス感染症と犬パルボウイルス感染症と混合感染することが多く、その場合重篤な症状となり、死亡する危険性がより高まります。
主な感染源はコロナウイルスを含む糞便を犬が口にすることです。

下痢や嘔吐などが激しい場合には、脱水症状の緩和のための点滴や二次感染予防のための抗生物質投与などの対症療法を行います。
何頭かで飼っている場合はをしている場合には、他の感染症と同様に感染した犬の速やかな隔離と徹底した消毒を行う必要があります。

しかしこのウイルスは毎年行う混合ワクチンで予防することが出来ます。
ドッグランやトリミングサロンなどいつどこでもらうかわかりません。法律で決められている狂犬病予防接種とともに、混合ワクチンも必ず接種するようにしましょう。


当クリニックでは、よく動物病院特有の臭いがないと飼い主様から言われます。
それは12回床を消毒剤で床を清掃し、さらに空間除菌&消臭には、アクアリブという溶液を用いて徹底的に除菌しているからです。アクアリブは一般的なアルコールや次亜塩素酸よりも除菌力が高く安全性があり、空間のウイルスや細菌を除去&消臭効果があります。

 

 

来院される動物たちと飼い主様が安心出来るクリニックであるよう心がけています