Welcome

お知らせ

2019-12-06 16:19:00

こんにちは!エイトアニマルクリニック、動物看護師の平です。

今回は、私の家族をご紹介したいとおもいます!

私のお家ではチワワを2匹飼っています。

1匹目は白いスムースのさらんちゃんです!

とても怖がりであまり人懐こいタイプではないのですが、慣れるとすごく甘えてきます

ずっと舌を出したままなのですが、小型犬あるあるでしょうか?

 

2匹目はロングコートのミゲルちゃん

さらんちゃんとは真逆で、とても人懐っこいです!

トリマーさんにしっぽ振りすぎて切りにくいといわれてしまいました(笑)

 最近はとても甘えたさんで、お家ではずっとかまってちゃんです。

S__13926459.jpg

 

 


2019-12-05 11:34:00

こんにちは。エイトアニマルクリニック京都御所です。


当クリニックにて
お耳や皮膚等で病院に来院された場合は、当然 ''早期完治'' を目指してお薬を処方させていただきます。

その際診察後に院長から再診日を飼い主様に打診し、来院をお願いしています。


しかし飼い主様の自己判断でお薬を中断したり、お薬がなくなっても再診に来てくださらず、
かなり状態が変わって(時にさらに悪化して)から来院される患者様が、残念ですが時におられます。

当クリニックでは「病気になってから治療する」ではなく、
なるべく病気は早期発見&早期治療が大事と考えております。


これは院長インタビューで院長も話していますが理由は一つです。

飼い主様の負担(経済的負担)と動物たちの負担(身体的&精神的負担)を減らせる』

からなのです。

 

例えば…
・お薬を飲んでから下痢になった、このままお薬を続けても良いのか?
・お薬を飲んだら調子が良くなった、もう飲ませなくても良いのか?再診は必要なのか?


など、疑問なことがございましたら、どんなに小さなことでも結構です。
わんちゃんねこちゃん達が重症にならない前に、電話やLINEでもよいのでご連絡ください(^^♪


2019-11-27 16:45:00

ここ最近気温が急激に下がってきて、人間でさえ風邪と思うような症状が多くなりますよね。

 

これは、猫ちゃんも同じなんです。
冬場にくしゃみなどが増える猫ちゃんは非常に多いです。

くしゃみは、鼻粘膜の知覚神経が何らかの原因によって刺激されることで起こります。
原因は「アレルギー」や風邪のような、鼻や喉、気管支の炎症の時もありますが、この時期は特に多いように感じます。


冬場になり気温が下がり、空気が乾燥すると呼吸器の粘膜がどうしても、ダメージを受けやすくなります。

目安としては…
くしゃみの回数が増えているかどうかです。
どうしても、冬場に発症しやすいので家庭では予防として
加湿器で湿度を保つなど、カゼの症状が出にくい環境を整えてあげることが大事なので、心がけてください。
また、室内の温度差をなくし、湿度を50~60%に保つなど生活環境を整えてあげることも大事ですね。

気になる事があればいつでもご相談ください!

「猫 こたつ」の画像検索結果

 


2019-11-25 12:22:00

 

12月1日に御所南小学校 校庭で避難訓練があります。

 

院長は午後からの「ペット避難関連ブース」に参加します。

ペットの病気や健康管理など、何かお悩みはございませんか?

なんでも気軽にご相談して頂ければと思います(*^^*)

 

また、お餅つきも開催されますのでお子様もご一緒にぜひご参加ください!

わんちゃん、ねこちゃんはご参加いただけませんのでお留守番でお願い致します。

 

※当院は当日の診療時間は9:00~12:00までとなっております。EPSON025_p001.jpg

 


2019-11-24 13:38:00

ねこちゃんも人間同様、歳を重ねれば様々な部分に影響が出てきます。

 

ねこちゃんは、年をとると爪とぎをあまりしなくなるため、外側の層が剥がれ落ちずに爪が分厚くなって行きます。

 

爪をとぐことによって外側の爪が剥がれて新しい層が現れるので、爪をとがずに、その状態が続くと爪がくるんと

丸く巻くように伸びてしまい、肉球にささることがあります。

ですので、定期的に爪切りをしてあげてください(^^♪

お家で爪切りが出来ない!という方は、病院でも行っていますのでお気軽にご来院ください。

 

 

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...